fetIIi:録音実験⑤ ~オンマイク~

マイクの性能のせいか、ヴァイオリンを耳元で聴く音がそのままスピーカーに流れていることに気づき、出力音を他のアンプに任せ、その音を録って大スピーカーで流す実験をしました。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明




結果として思ったとおり、
コンデンサーマイクそのもののピュアな音が取れてそのままミキサーで流すと、少し硬い音になります。かなりストレートですね。
再現性が高いのはわかりますが、耳元で聴く音そのままもどうかと思います。
実際にお客さんが聴く音ではないですね。
ヴァイオリンは倍音楽器ですから、離れてこそ、反響させてこそいい音になるのです。
オンマイク(近接効果)はかなりイメージと変わってしまいます。

そこで、AERアコースティックアンプ(旧Bingo2)のイイ音を録って
YAMAHAに流そうと思いました。


個人的には後者の方が好みです。
あなたはどちらが好みですか?

2013.12.28自宅

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

  画像の説明

Total:304 Today:3 Yesterday:3 Now:1

コメント


認証コード4718

コメントは管理者の承認後に表示されます。