ファンタム電源27V (自作)

コンデンサーマイク用のファンタム電源も、

買うと高いーーーー!!

ということで作りました。
参考ブログはFetIIiと同じ、ShinさんのPA工作室です。

準備

さてとまずは回路図をお借りします。

電池式ファンタム回路図

必要なもの
・3Pコネクタメス×2
・3Pコネクタオス×2
・6.8kΩ×4(金属皮膜1/4w)
・電解コンデンサー50V10μF×4(ニチコン)
・基盤
・タカチケース
・スイッチ
・電池006P(9V)×3
・電池スナップ(006P)×3

大須のアメ横やマルツに行けば
だいたい3000円もあればそろいます。

回路製作

画像の説明

簡単な回路なので、苦労せずに組めました。コンデンサーを半田ごてする時だけは、ヒートクリップで挟むなどして気を付けます。もっと考えてから組めば、かなり小さく作れたのですが、製作時はあまりそんなこと考えていなかったんですね。

画像の説明

裏の配線ですね。
マイク製作過程②に比べてなんと楽なことか・・・(-_-)ウーム

ケース穴あけ

最初にキリで小さな穴あけします

これが、けっこう大変。

コネクタを組み込む際に左のような専用の道具で削るのですが、購入したサイズが小さかったようで最後まで四苦八苦しました。
この工具、意外と値段が高くて、大きくなればなるほど・・・
目ん玉ひん剥かれる思いでしたよ。

配線作業、ピットイン

画像の説明

初心者なので汚さは勘弁してくださいね。
とにかくこれで完了!!

ここからはちょっと個人的なものをくっつけます。

ダイオード

画像の説明

ちょっとスイッチを入れた時にかっこよくなるかなと思い、ダイオードを入れてみました。ダイオードは直接電源に組むと破損の可能性があるので、余っていた抵抗6.8kΩを組み合わせて電源は電池一本のみ借用。

3.5mmミニジャック

LとRをつなげてモノラルにしました。

ちょっとイヤホンで聞くとどうなるだろうと思い、
OUTPUT側に取り付けてみました。

全体

画像の説明 画像の説明 画像の説明

使用勝手は良好で、今のところ何の問題も起きていません。
ただ、取り付けたダイオードが・・・

眩しすぎる・・・

そして電池の偏よった減りが心配・・・

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

  画像の説明

Total:1405 Today:8 Yesterday:3 Now:7

コメント


認証コード0419

コメントは管理者の承認後に表示されます。