[DTM] メロディと歌詞だけ受け取ってアレンジした例

画像の説明

まず最初にメロディと歌詞のみを五線紙いただきました。

画像の説明

二胡は主旋律を奏でてあまり伴奏をつけなくても成り立つイメージがあるそうです。
メロディーは得意だけど伴奏を作ることができないのでお願いしたいというお話でした。

以下、お客さんのイメージ。
演奏は僕。

あらかじめ用意された前奏からつながる
ゆっくりめな3拍子のメロディを抒情的に。


天柱山をイメージする少し悠久なイメージ。


子供たちと楽しく歌う元気なイメージ。


2曲目のメロディをもう1回流してこだまするように。


以上が資料ですね。
これに中国語の歌詞が付きます。

具体的にはヴァイオリンの主旋律を歌うという利用目的です。


とりあえず指定のイメージから伴奏を作り音源を完成。

普段は楽譜を書くだけの仕事でいいのですが
最近はDAWを取り入れ宅録もできる環境が整いましたので
サービスでまず音源として完成させました。

依頼者が二胡奏者ですが、ヴァイオリンが好きで
ヴァイオリンと表記してほしい、とのこと。

サブでもう一本ヴァイオリンがあってもいいということでしたので、
編成はヴァイオリン2台とピアノになりました。

完成音源


作成ソフト
Studio One3
インターフェース
Babyface Pro
レコーディングマイク
AT4040
ピアノ音源
Ivory II American Concert D
リバーブ
Oxford Reverb Native
コンプレッサー
FG-X
Vocal Rider

あまりエフェクトで加工していない音源です。

この時点でメロディ無しのバージョンも作れるので
ピアノだけのヴァージョンも作ってしまいます。


楽譜の作成

楽譜制作ソフト finale で作成します。
先の音源制作ソフトで全MIDI化し読み込ませます。

画像の説明

後はアーティキュレーションなどをつけて微調整して完成。

歌詞は紙面でいただいたため、直接入力できない

解決策として、オンライン型手書きパッドで記入しました。

オンラインで手書き検索出来るサイト
画像の説明

歌詞を記入して完成。
PDFファイルにして音源と一緒にお渡しします。

イメージをいただく前にその方と一緒にライブをしたので
ほとんど何も情報のやり取りをせずに作ることができました。

ありがたい。


アレンジの依頼、音源の依頼はこちらのページからどうぞ

アレンジ依頼

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

  画像の説明

コメント


認証コード4761

コメントは管理者の承認後に表示されます。