ピアノ教室の発表会で伴奏をしてきました。



先日、ピアノ教室の依頼で賛助演奏しました。
上の動画は生徒との共演の前、プレ演奏です。

僕はコンマス席にいますが切れてしまってます。
ティンパニーの方はスネアもたたいてます。
器用ですね。ありがとうございます!

ピアノソロにオーケストラで伴奏する、
賛助といっても小編成オーケストラです
ちょっとしたコンチェルト気分で演奏できます。

僕のやることは

  • 教室と密に連絡しあって
  • 奏者を手配して
  • アレンジして
  • コンマスをして

曲数は以下のような感じで20曲ほど。

画像の説明


仲介業者が必要なレベル!?

おそらく本来なら仲介業者がやって
スタッフをつけてやるような仕事です。

ですが、今の時代はそんな仲介業者はいりません。

自分たちだけで出来ます。
音楽教室と対話し、様々なことを取り決め
アレンジ金額など、込み入ったこともすべて決めて!

仲間たちへの連絡はSNSグループを使って一斉連絡。
常に最新の情報を共有する。

楽譜はDropboxで奏者自身にダウンロードしてもらう
これは郵送費、製本作業をカットできる。
楽譜の細かい書き込みへの対処は検討中。

ドアマンなどの会場設営は基本的にクライアントにお願いする。

少数精鋭なので指揮者はいらない。
必要な時だけ自分が振る。

ギャラはネットバンキングでお手軽振込。

これだけで成り立ってしまいます。

おそらく仲介業者を立てて、プロのアレンジャーにお願いしたら
請求額が20万円ほど違ってくるはずです。

まだ書き損じていることもあるかもしれませんが・・・

ネット、パソコンが全盛である今の時代、
仲介業者という職種はかなり特殊な業種でないと成り立たない

と、僕は思います。

もちろん、支えてくれる優れた仲間たちがあってこその活動です。
みんな、ありがとうございました!

画像の説明

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

  画像の説明

コメント


認証コード3426

コメントは管理者の承認後に表示されます。