[質問] アイリッシュってどうやって弾くんですか?

ときどきアイリッシュをプログラムに取り上げるので
同業者が質問に来る時があります。

僕は専門家ではないのである程度の知識と経験でよければ
こうやってるんですよ!ってとこを紹介します。

(ちがったらゴメンね)

まずは有名なリールの曲



映画「タイタニック」にも使用されている定番中の定番ですね。

僕はアイリッシュの表現として大まかに5つ使っています。

①体感は表拍子、リズムは裏拍子

上の動画を見ていただけるとわかる通り、
足でメトロノームのように拍子の頭を打っています。

そして弓(右手)は裏拍子にアクセントらしきものを入れています。

>楽譜はこんな感じ

画像の説明

具体的にはアクセントではなく、「叩く」イメージで弾いています。

これが一番厄介な技術だと思います。
クラシックの人が1番できない技術です。

スイングしているようでスイングしてるわけじゃないし。

かくいう僕も、発展途上。

②グレースノート

クラシックの人は装飾音符といっています。
音の始まりの前に入れる装飾的な音です。

③左手で装飾【ロール】



普通は弓で返すところを左指(どれでもいい)で叩いて
雑音のような音を出し、音の句切れを表現しています。

クラシックの人は装飾音符でエレガントに弾きますが
思い切って打楽器だと思って、弦をたたく、引っ掻くという感じ。

このロールのあとに音を足してさらに「っぽく」出来ます。


④右手で装飾【トリプレット】



ヴァイオリンの弓を高速で動かして雑音を作っています。
あるアイリッシュフィドラーの方は、

「クラシックでいうスタッカートのように、力まずにやれることが重要」

と言っていました。
僕もまだ修行中です。
特定の条件下では硬くなってしまうのです。難しい。


⑤ヴィブラート、倍音を使わない

これって技術なんだろうか。。。

厳密に「倍音を使う」という言葉はおかしいですが、
簡単に言うと、

「エレガントに弾かないようにする。」

それだけです。
現地では基本的に安い楽器が使われているそうです。
(というか高価な楽器を買うお金がない)

クラシックでもピリオド奏法とか言って
ノン・ヴィヴラートでバロック弾いたりしますから。



というわけではっきり言って、アイリッシュは
①「リズム感」と⑤「素朴感」だけで必要十分です。

他の技術がなくても雰囲気はバッチリです。
あとは、解放弦を一緒にならすなどの技術もあります。

ちなみにヴィブラートはゆっくりな曲には適度に使用しています。
リールのようなテンポの速い曲は、とにかくリズムが出るように心がけています。

もともと踊りのための音楽ですからね。



ゆっくりなエアーの曲だとこんな感じ



アイリッシュの定番エアー
「サリーガーデン」です

(Twitter越しだと音質が悪いですね)

次回は!

いかがでしたでしょうか。

次回はDTM目線のアイリッシュ表現にトライしてみたいと思います。

付録

クラシックの人が弾くと
あくまでも一例ですのでお気を悪くせぬよう



アイリッシュの楽譜を見ると
アーティキュレーションも書いていないことがザラです。
伝承音楽なので、楽譜そのものも普通はありません。

なのでまっさらの楽譜(スラーやアクセントが付いてない)を
弾いた時のクラシック奏者の感じを出しました。

(僕自身、クラシック風が弾きにくくてたまりません。)

画像の説明

かといって、アイリッシュ独特のアーティキュレーションを弾こうとしても
すごく変になります。

とにかくゆっくり体になじませるように練習するべきですね。



いいサイトがあったので細かいことはこちらが参考になりますね。


アイリッシュフィドルの基本情報

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

  画像の説明

コメント


認証コード4735

コメントは管理者の承認後に表示されます。