コンプかけ録りの有益性~守護神コンプ【Slate Digital FG-X】

いやあ、、まさか前記事で1日に360も来訪者が来るとは。
僕のしがないウエブサイトもびっくりしたと思います。

画像の説明



たくさんのご来訪、ありがとうございました。

今回はヴァイオリンの録音の際に生じた問題を執筆しました。

アイリッシュのリールはアクセントだらけ

直ぐピーク超えを起こします。


画像の説明

上:コンプレッサー未使用/ 下:コンプレッサー使用

コンプレッサー未使用

4.2db over

コンプレッサー使用

2.7db over


(音源は使用しても少し出ちゃってますが・・・)


コンプレッサーを入力に挿入して使います。
(DAW:Studio One3.5)


そんなに音質に違いがない!?

使用したコンプレッサーは

Slate Digital FG-X

原音を音色を変えずに上げてくれるというコンセプトで有名なマスタリングツールです。

こおろぎさんのブログでミックスの最後に守護神的に入れるという
記事を読んで導入していましたが、
ココでも使用することができました。

画像の説明

画像の説明



ここまで差がないなら、録音時にかけ録りしたほうが
ずっと精神的に楽ですよね。

(もっと早くに気づけよ。)

今後の宅録環境がまたよくなりそうです。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

  画像の説明

コメント


認証コード1030

コメントは管理者の承認後に表示されます。