綺麗だ・・・KOTO13の和風味付けの存在感がでかすぎる。

画像の説明

Sonica Instrumentの琴音源を使ってみました。
琴単体の音源としてはかなり高価ですが、
奏法の多さと音質は最高です。

実は大学生時代にお琴の授業があってちょこっと触っていました。爪も買って「六段の調べ」とかやってましたよ。
たしか(遠い記憶)



弦をコネコネする奏法にかんして少し知識があったので、メロディを打ち込んでから楽しかったです。

奏法をざっくり

  • 弦を下に押して音程を一時的に高くする
    または小刻みに押さえてヴィブラートみたいにする
  • きつくこする
  • 指を変える
  • トレモロ
  • アルペジオ

もっと細かくありますが、ここを基本として
細かく派生するようです。


1曲作ってみた。

参考になる音源を見つけて、構成や和声などガラッと自分なりにつくりかえたものです。生楽器を入れたり打楽器を入れたりしました。
差し替える前の音源はこちら


  • KOTO13(Sonica Instrument)
  • 尺八(Impact Soundworks)
  • ピアノ(Ivory Newyork Grand D)
  • チェロ(Cinema Studio Solo Strings)
  • チェレスタ(Native Instrument Symphony Series)
  • シンバル(Native Instrument Symphony Series)
  • 和太鼓(エスノ・ワールド6)
  • ヴィオラソロ:管理人
  • ストリングス(Vn,Va):管理人
    • ヴァイオリンⅠ:2track
    • ヴァイオリンⅡ:2track
    • ヴィオラ:1track


      楽しかったけど、時間がかかったなぁ。


同社の他の音源も興味あり!

とにかく絶賛する声が多く
三味線、尺八、太鼓など、興味が尽きません。
というか和楽器って純粋にいいですよね・・・

今度は三味線で軽く作ってみようかな・・・

エスノワールド6にもあった気がする。


生に差し替える前の音源

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

  画像の説明

コメント


認証コード3370

コメントは管理者の承認後に表示されます。