マランツプロのリフレクション・フィルターをヴィオラのレコーディングに使ってみた。

画像の説明

画像の説明



楽器から1m離して試してみました。
さっそくお聴きください。

この曲に使ってます


あまり違いが分かりませんね。
すこーしリバーブ感がとれたかな?

ダイナミクスも違うのでちょっとわかりずらすぎる。
ごめんなさい。



基本はオンマイク(近接)でないと下や上下の反射音が入ってしまうのでこのままのバイオリンのレコーディングとしては使えなさそうですね。

後ろなどに吸音の壁を作ったりするとかなり高価があると思います。以前、布団で全面をカバーしたらかなり効果があったので、あとは背後や床からの反射音を吸音すれば効果が望めるかと思っています。

こんなかんじ?

画像の説明


スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

  画像の説明

Total:317 Today:3 Yesterday:1 Now:3

コメント


認証コード6225

コメントは管理者の承認後に表示されます。