ヴァイオリンのKontakt音源を作ってみた

画像の説明

何を思うたか、突然作りたくなりまして。
Kontakt音源を簡易自作してみました。

ネットで

「Kontakt ライブラリ 作り方」

で探るといくつか良心的なブログが浮上したのでそれにそって作っただけです。バイオリンはG2からピアノの最高音まで出るのでまずは録音です。

画像の説明


ロングトーン 60BPM 4拍

つまり4秒間のロングトーンを各音取りました。
このくらいあれば白玉系の楽曲のストリングスだったら堪えうるかなと思い。

画像の説明

メトロノームをつけて全音録音するのに7分くらいでした。

何が難しいって、超高音域に行くと、一発で正確な音質を出すのが極端に難しくなりました。

今回は音を出す時間がなかったので一発録り。

録れたら細かく切って各トラックに分けます。

そしてノーマライズ。


実際にやってみる

Kontakt 5で実際に制作します。
MapEditorに先ほど作った音をすべて配置します。

画像の説明


必要に応じてWave Editorでファイルの前後を切りそろえる。

画像の説明



Script Editorでおまじない。
要はトップ画面など設定です。
この辺が一番遊べそうですが、一番大変です。

画像の説明

今回のおまじないは

on init
make_perfview
set_ui_height_px(280)
end on

最後にトップ画像をInstrumennt Optionから設定して保存すればOKです。


完成



とりあえず一曲使ってみた。


問題点の提起

  • 音程が悪いトラックがある
    そりゃ・・・1発どりだから。
  • 4sじゃ足りん
    後で作りなおします。
  • ピチカートとかほかの奏法も欲しくなる
    後日作ります
  • ヴィオラも作りたい
    一緒にやろう
  • 同じものを複数回録音すればストリングスになる。


販売しようかどうか迷っている

不安な点はあるものの、用途を限定すれば使えそうなので、ある程度の価値があると思いました。

格安DL販売にしようかな・・・

またその時はお知らせします。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

  画像の説明

コメント


認証コード3986

コメントは管理者の承認後に表示されます。