笙はピアニカで代理。和楽器はどの楽器も癖があって調理が難しい。

3大和楽器(琴、三味線、尺八)
で曲を作ってみた。

奏法が多すぎて収拾がつかなかったので、
半分投げ出したところもあります。


笙を忘れてはいないか?

そう(しょう)・・・

笙も代表的な和楽器ですよね。(誰か突っ込んで)

ですが音源を持っていなかったのですが、前からコンサートで笙の代わりに鍵盤ハーモニカ(ピアニカ)で吹いていた仲間がいたんです。



これを思い出し、格安の時に去年購入したピアニカ音源を使いました。楽器に関する知識はこおろぎさんちに詳しく書いてました。DTMerなのに本場の人より検索のトップに来るミラクル・・・


笙は遠くに配置

遠くの空から降り注ぐイメージなので
Panorama5を使って遠くに配置。

このプラグイン便利だ。

画像の説明

楽曲の中盤に使いました。


世にはカッコイイ和楽器の曲がたくさんありますが、
どうしてあんなの書けるのだろう。

もっとうまくなりたい!!


和楽器の定番ソフト音源

Amazonには尺八がなかった。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

  画像の説明

コメント


認証コード8478

コメントは管理者の承認後に表示されます。