【Wind in the fall/いっさくこんぴ-08】白木滉平

画像の説明

【いっさくこんぴ】

コンピレーションアルバムに収録される全曲について、ぶっちゃけた感想やプロヴァイオリニストからみた作品の見解、技術、料金などを記します。今回の録音はすべて無料で行っておりますので、料金はいっさいいただいてません。この記録が読む方にとって有益な情報になることを願っております。紹介する音源はDEMOです。フルバージョンは10/28から発売されるアルバムをご購入の上お楽しみください。


Title
Wind in the fall
Composer
白木滉平
Violin
松本一策

作品についての感想

爽やかですよね。
「爽やか」としか言えない僕の語彙力はおいて、ピアノやギター、打楽器の使い方や音の透明感がとても良いです。
音楽理論的なことに関しても聴いていて汲み取れます。対旋律の動きがいい!


作曲家として感心したこと

本人のSNSの投稿で知ったんですが、
ここまで作れるのにMIDIの打ち込みは全てマウスでやっている、
ということです。
しかも他の作品の更新スピードの速い!

ほとんど楽譜で作り上げてるんでしょうか。


楽譜について

画像の説明画像の説明

クラシック、オーケストラの作品を多く作っていらっしゃるだけあり、楽譜が完璧でした。ほとんどの箇所も無理のないアーティキュレーションが書かれており演奏者側としては質問は殆どありません。

マイナスワンの音源もしっかりしており、クラシック奏者にお願いされるときはほとんど問題は起きないはずです。

演奏上むずかしい箇所は?

程よく難しく、しっかりした変奏、重音テクニックが記載されております。つまり、奏者としては気が抜けませんが弾きがいのある楽譜、ということになります。

デモは1分くらいしか無いですが、ヴァイオリンをアレンジする際は中盤後半もぜひ聴いていただき参考にしていただきたいです。


この曲を録音依頼するとしたら値段は?

演奏時間5:00
ヴァイオリン1track10000円
演奏難易度32000円
MIDI→楽譜化なし0円
合計12000円+税

となります。

ちなみに3種類のマルチマイクで納品しておりますので
全部ですと15000円+税となります。

もちろん、1マイクでも大丈夫です。
この作品は楽器や声の音がすごく大事ですのでマルチマイクで録音した奥行きや立体感はとくにクラシックな作品では重宝すると思います。


作曲者について

M3秋では他にも多くのコンピレーションアルバムに作品を送り出しています。
特にオケの曲がすごくいいので一度聴いてみてほしいです。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

  画像の説明

Total:221 Today:1 Yesterday:1 Now:2

コメント


認証コード2642

コメントは管理者の承認後に表示されます。