KSP Control Statements 日本語訳と実例

Control Statements : 制御文



p.044 if…else…end if

条件付きifステートメント

on controller
if (in_range($CC_NUM,0,127))
{もしCCに0~127で変動があったら}
message("CC Number: "& $CC_NUM&" - Value: " & %CC[$CC_NUM])
{メッセージで"CC Number: "& $CC_NUM&" - Value: " & %CC[$CC_NUM]とあらわす}
else
if ($CC_NUM = $VCC_PITCH_BEND)
message("Pitchbend" & " - Value: " & %CC[$CC_NUM])
end if
if ($CC_NUM = $VCC_MONO_AT)
message("Channel Pressure" &" - Value: "&%CC[$CC_NUM])
end if
end if
end on


p.045 select()

select(<variable>)…end select

備考

  • select文はif文に似ていますが、任意の数の枝を持ちます。 selectキーワードの後の式が評価され、単一の大文字の枝に対して照合されます。一致する最初の大文字小文字の枝が実行されます。
  • 大文字小文字の枝は、単一の定数または数値範囲(「x〜y」という用語で表される)のいずれかで構成されます。

画像の説明

on controller
if ($CC_NUM = $VCC_PITCH_BEND)
select (%CC[$VCC_PITCH_BEND])
case -8192 to -1
message("Pitch Bend down")
case 0
message("Pitch Bend center")
case 1 to 8191
message("Pitch Bend up")
end select
end if
end on


p.046 while()

while(<condition>)…end while
画像の説明

on note
ignore_event($EVENT_ID)
while($NOTE_HELD = 1)
play_note($EVENT_NOTE,$EVENT_VELOCITY,0,$DURATION_QUARTER/2)
wait($DURATION_QUARTER)
end while
end on
鍵盤を抑えっぱなしにしてリリースしないと4分音符を刻み続ける


p.047 Boolean Operators

ブール演算子

x > y
greater than
x > y
less than
x >= y
greater than or equal
x <= y
less than or equal
x = y
equal
x # y
not equal
in_range(x,y,z)
xがyとzの間にある場合はtrue
not a
aがfalseの場合はtrue、そうでない場合はfalse
a and b
aがtrueでbがtrueの場合はtrue
a or b
aがtrueまたはbがtrueの場合はtrue

備考
ブール演算子は、条件が真または偽の場合に返されるため、ifおよびwhileステートメントで使用されます。上記のリストにあります。 x、yおよびzは数字を表し、aおよびbはブール値を表す。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

  画像の説明

Total:189 Today:4 Yesterday:0 Now:1

コメント


認証コード5968

コメントは管理者の承認後に表示されます。