procreateで水彩風景を描いてみた。チェロは山田真吾くん。

風景を描くのって苦手なんです。
というかきちんと習ったことがない。

チラシでいつも描くのは風景というよりベクターレイヤーというか。デジタルなイラストって感じで。

画像の説明

水彩はラフに使いやすい

最近はよくiPadで人体を描く絵の練習をしているのですが、ラフを描くのに使いやすいなあと感じてきました。なぜだか知らないですが、奥行きがあるんですよね。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

木、並木など

せっかくなので水彩画でキチンと書いてみたいなと思った次第です(はい)「木」とか描けるの、憧れなんです。
こういうふうに描けたらなと、



とはいっても幼稚園児が描くような木しか描けなかったのである種、挑戦という形。

空、星空など

青や黒のグラデーションで描けるかなと思ったのですが、これも一生懸命書いたことがなかったのでYouTubeですこし勉強させていただきました。



いやあ、見れば見るほど、絵ができる人って多いんですね。流石に落ち込みますが、挑戦あるのみ!


まずは図法で奥行きを

画像の説明

画像の説明



procreateアプリの描画ガイドがすごく便利です。

二点透視図法で左の消点はかなり遠くにおいてます。
2点を目線として平行位置に。

こんな感じに



工夫したのは山の輪郭と夕焼けの光の具合ですかね・・・

画像の説明

電子機器だからいくらでも書き直しできるし、レイヤーで分けて処理ができるのでなんとなく形には成りました。

最後にパソコンに取り込んで必要な情報を書いて完成です。

画像の説明

いつもチェロ奏者の友人、山田真吾くんにはお世話になっています。そのままの写真だとおかしかったので、こんな感じにして水彩加工アプリで処理をして貼り付けました。

画像の説明

画像の説明


水彩加工に利用したiOSアプリはこちら

画像の説明
Waterlogue


ありがとう。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

  画像の説明

Total:703 Today:3 Yesterday:7 Now:2

コメント


認証コード0713

コメントは管理者の承認後に表示されます。