四季がテーマだったのでデザインそのものはラクでした

画像の説明

苦戦したのはアー写の光加減と距離感でした。

画像の説明

四季をテーマとしたのでカラーリングとかは適当にすぐ決まったんですが、僕にはレタッチ技術(光の当て方とか)はそんなにないのでアー写の統一性が出せなくて申し訳なかったりします。

写真家でレタッチのうまい友人に聞いたところ、これは僕でも統一感ある光の操作は難しいよ。と一言。。。

ちょっと内申ホッとしました。

僕には世にあるお洒落できらびやかなフライヤーのようには出来ないので、奏者自らがアー写から放つ素敵オーラを利用させてもらってます。

この先は持論を展開しているので有料記事に書きました。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

  画像の説明

Total:107 Today:1 Yesterday:1 Now:8

コメント


認証コード5296

コメントは管理者の承認後に表示されます。