電動髭剃りから仕事のできる男を考える

画像の説明

男は毎日仕事の前にひげをそります。

(人によります)

はて、ひげをそるのにどのくらい時間がかかるのだろう。

1分?
3分?
5分?

それとも10分?



僕は5分かかります。
こだわりの強い男、神経質な男ほど時間がかかるでしょう。

僕自身、ほとんど剃るのがめんどくさい人で
ほんとだったらお髭ボーボーで出勤したいです。

でもまあ、こればかりは「汚い」との妻(鶴)の一声です。

画像の説明

剃るのならツルツルになるまで剃るので、
やってるうちに僕は結構な神経質ということがわかりました。

かくして結婚を機に毎日のように仕事前に剃ります。


刃がむき出しに

愛用の電動シェーバーはブラウンのシリーズ3 S320-4
どこにでも売ってるような普通の奴です。

画像の説明

それが先月の頭くらいからついに刃こぼれが・・・

画像の説明


痛い

日に日に刃こぼれが広がります。
痛くて痛くてたまらなかった。

毎日出勤のたびにブルー入ってました。

ついに年末には自分の肌を削るようになってました。
もう髭剃りが恐怖でしかない。


アマゾンで3000円。替え刃を買った。

画像の説明

もはや高いか安いか知りません。
年末は忙しすぎるので、正直ストレスを減らしたかっただけです。

普段は音響機材とソフトに全お小遣いを消費する僕にも
傷がつく痛みには勝てませんでした。


感動した

画像の説明

何の苦労もせず、痛い思いもせずにひげ男爵がツルツル青年に!

(あたりまえだ)

なんかすっごいくだらない日記を書いているような気がしてきましたが、続けます。


時間の短縮、電気代の節約、ストレスの削減

  • 時間の短縮

    今まで刃こぼれしていない部分だけを必死に剃っていた作業が4~5分。これが2分ほどに短縮。

  • 電気代の節約

    ・・・ちょっとは減ったんじゃないですか?わからんけど

  • ストレスの削減

    削減っていうか、もうゼロだね。ゼロ。


    毎日剃るので毎月の時間短縮は150分→60分
    これは大きい。

つまり毎月1時間半の捻出が出来るわけです。

演奏の仕事だったら10000円は軽く稼ぎます。

つまり毎日の数分の節約はかなり大きいということ。


これがパソコンだったら

パソコンやソフトの起動時間ってバカになりませんよね。

毎日使うものに対する待ち時間、
通勤時間、
単純なワークフロー

これらはときどき経費で見つめなおす必要があるって
強く思いました。

出来る男は日常の数分の無駄を見逃さない!

画像の説明

写真はイメージです

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

  画像の説明

Total:451 Today:1 Yesterday:0 Now:3

コメント


認証コード7665

コメントは管理者の承認後に表示されます。