アナヴァンミュージックに聞いたテレビBGM事情

画像の説明

今回はただの個人的な日記になります。

テレビに使われるBGM音楽って疑問に思ったことありません?
ぼくは昔から不思議に思ってました。

大好きなアニメで使われていてサントラ集まで持っている曲が
とあるTV番組で使われる・・・

なんてよくありませんでした?

テレビで使われる曲の著作権

そもそも販売物のCDは商用での音楽として申請なくして使えないはず。

  • パソコンでの複製して利用
  • レンタルショップでかりて使用
  • ダウンロードして使用

そもそも「個人で楽しむ利用」のみ許可されてるんですよね。
だから商用の場合は申請してお金を払わなくちゃいけない。
(これは楽譜もそうなんですよね)

著作権の申請って超面倒

僕もCDを作ったことがあるのでわかるんですが
著作権の申請ってすごく面倒なんです。
JASRAC管轄の楽曲ならまだマシですが、
海外の曲とか、原盤とか、とか、とか、
正体不明曲とか、、、

使用許可がなかなかもらえなかったりすると、テレビみたいな業界では命取りになることも。

そして「あれ?この曲別の番組(局)で聴いたことある!」
っていうことが頻繁に起こると局自身のアイデンティティも揺るがしますよね。

なのでオリジナル楽曲が常に求められているそうです。

権利処理の楽曲販売

僕はオーディオストックというところに10曲ほど登録してます。

AudioStock
権利などのめんどくさいことを全部引き受けて音楽を商用としてバラ売りするサイトで、とてもわかり易いのがいいです。

これでもいくつかは売れています。
1回売れるごとに1000円位入るんですが、数も少ないのでなかなか売れず、時間を見つけて今後どんどん増やそうと思ってるんです。

業者がテレビ局に直接掛け合う

アナヴァンミュージックはどちらかというとオーディオストックとは違い権利は会社が預かった状態でめんどくさい事務処理をほとんどしないで済む形をととっています。テレビなどで使用されれば金額は段違い。利用されるかどうかは演奏家とクリエイター次第?

曲数ではなく直にアーティストに会って一つ一つ手作りでCD・音源を作り、テレビ業界に宣伝するという手法になり、オーディオストックさんのような幅広さとは少し違う戦略ですが、どちらも音楽を必要としている人に対して手軽でクオリティの高い音楽を提供する、というスタンスは同じに思えました。

僕も作ってみたい

僕の持ち味はどう考えてもヴァイオリン。
ヴァイオリンを弾けて楽曲がかけて多ジャンルや録音にも詳しい人間はなかなかいない。

なので少しでもいいから制作してこの業界に入っていきたいですね。

アナヴァンミュージックでも録音の協力はしており、僕の音も入っています。
画像の説明
作曲:冬野ユミ

https://enavant.jp/album/36/
視聴&無料DLできます。
(弦楽とトラック02「寄り道していこう!」のソロヴァイオリン)

たくさんのデモCDをもらったw

画像の説明

聴くと「あれ?この曲、あの曲に似てるな」
っていうのもちらほら。

でもオリジナルには間違いない。
いろいろ聴きながら自分なりにできる曲を模索するのもいいかもしれません。

ちなみに

今年春に作った曲を聞いていただいたら
だいぶ喜んでくださった。



うーん、いけるか?
生音にこだわってらっしゃったので、この曲もバックバンドが全部生音に置き換わったらそれはそれで楽しいなww

がんばるしかないし。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

  画像の説明

Total:264 Today:2 Yesterday:0 Now:3

コメント


認証コード6842

コメントは管理者の承認後に表示されます。