【Beating Time!/いっさくこんぴ-02】ぽてゅい

画像の説明

【いっさくこんぴ】

コンピレーションアルバムに収録される全曲について、ぶっちゃけた感想やプロヴァイオリニストからみた作品の見解、技術、料金などを記します。今回の録音はすべて無料で行っておりますので、料金はいただいておりません。この記録が読む方にとって有益な情報になることを願っております。紹介する音源はDEMOです。フルバージョンは10/28から発売されるアルバムをご購入の上お楽しみください。

Title
Beating Time!
Composer
ぽてゅい
Violin
松本一策

作品についての感想

第一印象として「うわっカッケー(語彙力)」でした。
そして演奏してみましたが、難しかった。。。


作曲家として感心したこと

この方も提出がとても速かった。一般の仕事をバリバリされているそうですが作品を出すスピードやアイディアの豊富さはとても僕には真似できません。そしてピアニストとして様々な音の色を持っている。羨ましすぎます。


楽譜について

画像の説明

楽譜は音符のみですが、曲の感じはデモ音源を聴いて一発でわかったので細かいことは必要ありませんでした。
若干リズムが不規則(2コーラス目が微妙に違う)など、作曲者の遊び心がふんだんに感じられました。

ピアノでスケッチされているところが多いと感じました。
ピアノは跳躍が簡単にできてしまいます。

ヴァイオリンももちろん出来ますが、音配列的には楽器奏法的に得意ジャンルでは無いです。

ただこの跳躍が曲の楽しい雰囲気を決定している大事な要素だと思いますので、
特に代替案とかそういうものはないですね。

強い個性です。
Wellcome!!


アドリブについて

2ページの真ん中に【アドリブ】と書かれていました。
なにを弾いてもいいという箇所です。
さあ、こういうのはなかなか他のヴァイオリニストでは出来ません。
音源をもらった当日に軽く弾いて作曲者に動画を送りました。

画像の説明
画像の説明



この動画でなんとなくラフを作り、アドリブを書いて実際に録音に使った楽譜がこちら。

画像の説明

作曲者の作ったメロディーにうまく結合させる、というところが意外に味噌で、僕のこだわったところです。


演奏上むずかしい箇所は?

チェックを入れました。
画像の説明

①高音域3度重音のpizz

単独では難なく弾けますが、BPM速度も速いため楽曲の前後関係からこの位置に正確な運指を配置するのはかなりむずかしいです。曲数が多くレコーディングでは練習時間の割愛したかった、この部分は別で録って合成しています。

②奏法・パフォーマンスとしてスマートではない。

左の運指ですとテクニック上は問題ないのですが、移弦をはさんでしまいソリスティックさが少しかけるので、右側の配列を提案し、OKをいただいたので録音しています。
画像の説明

③むずかしい

♭が3つある調性では開放弦を使えないため意外と簡単そうに見える楽譜が難しくなります。借用和音や転調っぽい理由もありますね。特にアドリブを抜けた100~103小節目は純粋によく練習しました。移弦、音程、音の立ち上がり、リズムの均一性。ここが僕的に難所でコンピ全曲を通して1番練習したかもしれません。ただ、むずかしい箇所を弾いてこそ楽曲が格好良くなる、ということも往々にしてあることです。

ちなみにキーが違えば意外とさらっと弾ける可能性もあります。DやAなど。モーツァルトなどはこういう音型のオンパレードですから。

④高音域で5度下に高速で下がる

これが高ポジションでなければぜんぜん難しくないのです。ヴァイオリン奏者ならわかってくれるはず。Eの音を弾くのにA線で運指を代替するとこもったり音程が不安定になりがちなんですよね。これも練習でカバーしました。

逆に表記よりオクターブ上のEに抜けたほうがソリスティックで良いですね。

⑤表記上の問題

シャープで書いてください。。。
おそらく楽譜の完成を急いでしまっただけだと思うのですが、Emajorの中での分散和音ですので

A♭ → G#
D♭ → C#
G♭ → F#

#で描くか、♭で書くかで運指が大きく異なるのがヴァイオリンです。
それは運指だけでなく奏者の持つ調性感も狂います。

案外、しっかりと音符を書くだけで奏者のミスって著しく減るものです。
僕はオーケストラの楽譜を書いてた頃にそれを痛いほど痛感しました。


こうみてると、なんとか練習でカバーできる部分が大きいのでそんなに問題はないですが、
「楽譜が完成してすぐに録音しなければ行けない」・・・

なんてときはご注意ください。


この曲を録音依頼するとしたら値段は?

ネックは練習時間とアドリブです。

演奏時間3:44
ヴァイオリン1track7000円
アドリブあり4000円
演奏難易度43000円
MIDI→楽譜化なし0円
合計14000円+税

となります。


作曲者について

画像の説明

ぽてゅい

Twitter
@Potwi_UTM
SoundCloud
https://soundcloud.com/potwipotwimusic

作品をつくるスピードが凄く早く、かつ面白いものばかりです。
尊敬します・・・ほんと。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

  画像の説明

Total:1029 Today:3 Yesterday:2 Now:3

コメント


認証コード5530

コメントは管理者の承認後に表示されます。