【購入編】MIDI VIOLINを海外サイトで購入しました。

画像の説明

1年前以上前から興味を持っていました。
サイレント・エレキヴァイオリンとどう違うのかというと
MIDIという規格に音声データを変換するための機械がついているという点です。

画像の説明

← YAMAHAのサイレントヴァイオリン
MIDI ヴァイオリン →

画像の説明

画像の説明


僕はピアノがろくに弾けないため、楽譜作成やDTMのうち込み作業が遅く、「ヴァイオリンでデータを打ち込めればなんて素敵なんだろう」と常日頃考えていました。

ほんとグーグルで何度検索したことか・・・

Google



楽譜作成やコンピューター音楽制作の多くはMIDIを基準に制御されているため、ヴァイオリン弾きとしてMIDIを制御できる物があれば最高じゃないですか?



コレによると

  1. GR-55のレイテンシーは100ms以下
  2. MIDIデータとしてPitch(音程)、intensity(強度)、duration(期間)

になるらしいんですけど、
つまり0.1秒以下の差しかなく、ノートの音程と長さとpitch Bend が入力できるわけね。

うーん。ほしい。
できればBow Impression(弓圧)も検知してほしい。


ただひたすら心配だった

海外サイトから購入するので、なにかと心配は尽きません。

  1. アフターサービス
  2. ショップ・商品の信頼性
  3. 輸入の途中の破損

そして英語は出来ないわ。
おまけに英語ができないわ英語ができないわ・・・

前にAmazon経由でジャズ系のマイナスワンのCDがを買ったとき、到着して見てみたらCDが割れていて。このときはAmazonが仲介となってくれたから問題なかったのですが、今回は仲介なし。

まあコレばっかりは仕方ないですし、日本国内でも宮地楽器などで同様のものが売られていますが、高級なやつばかりでした(2019.8)

なのでこのサイトで買うしか無いなと数ヶ月前から考えていたのですが、それでも15~18万くらいは払わないといけないので間違いがあったら辛いところです。。。

MIDIとして出力するシステムが良くわからなかった。

お店のサイトを事細かく調べるには、あまりにも英語という壁は大きすぎました。このサイトのMIDI VIOLINはギターのエフェクターGR-55という機材と連結して使うことを目的としてある、とあったのですが、

そんな余計な機材を買わなくても、MIDI出力できるんならPCに直接つなげればそれでいいじゃん!

と正直思っていました。
→→→コレは後の後悔?に繋がります。

画像の説明

コマの部分が違いますね。
きっとここで色んな情報を読み取るのでしょう。


高いのと安いのがある

安いのは14~17万円くらいのCantani
高いのは26~40万くらいのZETA

画像の説明
画像の説明

基本的にアコースティックの活動なので安いほう選ぶに決まってんじゃん。っていうかそこまで予算組めニャイ(ミⓛᆽⓛミ)✧

調べると、MIDI抽出する意味ではどちらもかわらないらしい・・・(英語あんま読めないので責任は取りませんよ)

意を決して購入!!

必要なデータは

自分の住所などを英語版で表記できること

  1. Street Address
  2. City
  3. State/Province
  4. Zip/Postal Code
  5. Country

これはネットで書き方を探せば簡単です。
参考にしたのはこちら
とにかく日本に着けば、あとは業者がちゃんと読み取ってくれるので自身を持って書け、とのこと。

振込方法

これはPaypal(ペイパル)一択ですね。
国外の銀行に送金する手段としては大きく2通り。
・銀行窓口で送金の手続きをする。
・国際感でも可能な決済サービスPayPalを使用する

銀行で手続きをすると、手数料が凄まじいです。
UFJを例に取ると、

海外向け
仕向送金手数料
三菱UFJダイレクト
(インターネットバンキング)
テレビ窓口店頭窓口
当行本支店・
現地法人あて
2,500円6,000円7,000円
他行あて3,000円6,500円7,500円

参考サイト

しかも利用申込みをしないといけないらしく、
書類のやり等面倒くさい。
僕は全面的に却下です。

PayPal(ペイパル)はというと
画像の説明

コレも身分証とか最初のやり取りが面倒なのですが、普段の手数料が無料で、海外送金もめちゃくちゃ安い。

画像の説明

僕はDTMのソフトなどで前からコレを利用していたので問題はありませんでした。ただ最近は、クレジットの事件が多く、僕のクレジット会社のほうが10万円を超える送金に制限をかけていて、いちいちクレジット会社に電話して制限を緩和してもらうのがメンド臭かったです。

購入!

画像の説明

郵送費は2種類
FedEx(国際宅配便)

  1. International Economy $181.80
  2. International Priority $186.84

当然大事なのでPriorityを選びました。
たいして金額は変わらん。

実はお店側に英語で

「クレジットの金額制限がかけられていて・・・」

と伝えると、すぐさま

「OK!わかった!半額づつ振り込めるようにしたよ!グッドラック!!」

って帰ってきました。
画像の説明

なんちゅうイイお店!
割引もしょっちゅうしていて、購入を考えている人は常にチェックしてるといいと思います。

決済後、数日で届いた

画像の説明

正直こんなん届いたし、10月9日到着かぁ、1ヶ月位かかるんだなって思ったら、金曜発送(9/6)、月曜到着(9/9)でした。

ん?どうなってんの?


はい。購入編はこんな感じですね。
なにかしら問題が発生している感を漂わせたところで・・・

次は箱を開いたところから適当にいきます~

ご閲覧ありがとうございました。


なお、すべての英語のやり取りは、グーグル様の翻訳によって行っております。高校の時の英語の成績は結構良くてセンター試験でも150~170くらい取っていたのですが、それも過去の栄光。。。いまでは全然だめで【読み】が出来ても文法も単語も売る覚えで【書き】が出来ないんですね。情けないですが・・・あしからず。

画像の説明

Google

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

  画像の説明

Total:181 Today:5 Yesterday:0 Now:5

コメント


認証コード6329

コメントは管理者の承認後に表示されます。