有線LANに接続したiPadで安定したZOOMオンラインレッスンをする。

前回のブログで紹介したオンラインレッスン機材。
もちろんZOOMでも出来ます。

コロナウィルスの影響で利用者が爆発的に増え、一時はセキュリティが問題になりましたが、最近ではパスワードの新たな増設などで利用者も安心して使用しています。

ZOOMのいいところは、なんといっても音質が良い(設定ができ、拡張機材で格段と質を高めることが出来る)ところです。

ですが、通信環境を強くしなければ意味はありません。

画像の説明

ZOOMはパソコンで出来るのでレコーディング機材を使って手軽に高音質で臨めるのですが、FaceTimeと違い接続が不安定になります。

接続が不安定になる理由は一つ。

Wi-Fi(無線)接続だからです。

パソコンはかんたんに有線に出来るのですが、iPadはアダプタが必要です。こういうものを仕入れました。

Apple Lightning - USB 3カメラアダプタ

Lightning-USB 3

Apple USB Ethernet アダプタ

画像の説明

LANケーブルをiPadにつなぐEthernet アダプタはそのままApple Lightning - USB 3カメラアダプタで電源を供給して、初めて使えます。

純正のものでないと駄目かどうかはわかりませんが、仕事ですので間違いのないものを使用します。

画像の説明

画像の説明

電源ケーブルが古い・・・



接続に成功するとこういう表示が出ます。

画像の説明



「レッスン中、通信が不安定になって困っている」



という方はお試しください。
もちろん先生だけでなく、生徒さんもやる価値アリです。

iPadやiPhoneも最近のもの(USB - C接続)でしたら、もっと簡単に取り付けることができるうえ、スピードも速いです。

Lightning接続なら


USB - C接続なら



注意 ルータに接続するLANケーブルもお忘れなく!

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

  画像の説明

Total:361 Today:1 Yesterday:2 Now:2

コメント


認証コード0611

コメントは管理者の承認後に表示されます。