他の楽器奏者の依頼

録音の際、ダブリングのためにヴァイオリンの他の奏者にも依頼を希望したり、弦楽四重奏のチェロをお願いしたりする際はいろんな方に依頼していますが、基本的にこちらの方にお話しています。

ご参考ください。

中川香
ヴァイオリン

IMG_2063s.jpg

5歳よりヴァイオリンを始める。10歳から17歳までNHK名古屋青少年交響楽団に在籍。愛知県立名古屋西高等学校を卒業。武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科首席卒業。読売新人演奏会、読売中部新人演奏会等、多数の演奏会に出演。在学中には福井直秋記念奨学金を得た他、武蔵野音楽大学管弦楽団とソリストとして共演。在学中より東京の主要なプロオーケストラに客演する。ヴァイオリンを菅原英洋、グレゴリー・フェイギンの各氏に師事。草津夏期国際音楽アカデミーにてウェルナー・ヒンクに師事。L'Arc〜en〜Cielの20周年記念ライブツアーに参加。2016年まで一般社団法人セントラル愛知交響楽団団員として活動。現在はコンサートの他、イベントやパーティーなどでも幅広く演奏活動を行っている。楽しいトークと演奏でコンサートではいつも好評を博している。

NewTones デビューCDより抜粋
超絶技巧曲「ツィガーヌ」(M.Ravel)




山田真吾
チェロ

画像の説明
6歳より才能教育研究会でチェロを始める。岐阜大学工学部卒業後、ハンガリー国立リスト音楽院修了。第14回ブルクハルト国際音楽コンクール弦楽器部門第2位(最高位) 第22回ヨーロッパ音楽コンクール弦楽器部門第3位(イタリア モンカリエリ) 第2回東京サミット音楽コンクールグランドファイナル銀賞(最高位) 日本ハンガリーフレンドシップコンサート、ハンガリーフェスティバル、リスト音楽院マスターコンサート、リスト音楽院フェスティバルに出演。ブダペスト、香港、東京、名古屋でリサイタルを開催。 岐阜国際音楽祭にて2年連続で李堅指揮セントラル愛知交響楽団と、日本演奏連盟主催オーケストラシリーズにて円光寺雅彦指揮名古屋フィルハーモニー交響楽団と共演。 これまでにチェロを林良一、オンツァイ・チャバの各氏に、室内楽をハルギタイ・ゲーザ、ラースロー・ビハリーの各氏に師事。




最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

  画像の説明

Total:54 Today:1 Yesterday:0 Now:1

コメント


認証コード5290

コメントは管理者の承認後に表示されます。