【Undine/いっさくこんぴ-14】cos & Itsuki

画像の説明

【いっさくこんぴ】

コンピレーションアルバムに収録される全曲について、ぶっちゃけた感想やプロヴァイオリニストからみた作品の見解、技術、料金などを記します。今回の録音はすべて無料で行っておりますので、料金はいっさいいただいてません。この記録が読む方にとって有益な情報になることを願っております。紹介する音源はDEMOです。フルバージョンは10/28から発売されるアルバムをご購入の上お楽しみください。


Title
Undine
Composer
cos & Itsuki
Violin
松本一策

作品についての感想

【Undine】ウンディーネ

四大精霊のうち、水を司る精霊である。 語源は羅: undaである。他言語では、仏:Ondine、英:Undine、伊:Ondina。 湖や泉などに住んでおり、性別はないが、ほとんどの場合美しい女性の姿をしているとされ、人間との悲恋物語が多く伝えられている。

コンピの中でひときわ個性が光ってる作品でした。
オケもシンセなども多用してとても透明感があるし、こういう作品、いつか作ってみたいな。

作曲家として感心したこと

このコンピで唯一である「合作」です。
cosさん自身がこう表現されていました

ジャンル名はNature Dance Music = NDM。
この度、Itsukiと合作で一人ではできない表現を加え、精一杯制作いたしました。

cos

自分には出来ないことを他人にお願いしていいものを作るって、
すごいように聞こえますが実際はすごくむずかしいことだと思います。


楽譜について

画像の説明

きれいな楽譜をいただきました。
演奏上は特に何も困りませんでした。


アドリブについて

とくにありません


演奏上むずかしい箇所は?

要所要所でリズミックな部分があり、DTMの一寸の狂いすらバレてしまう環境では緊張しました。ストリングスではなくヴァイオリンソロでしたから、ごまかしも効きません。

この部分は頑張りました。

楽曲自身の透明感を大事にするつもりで、過度なビブラートも避けました。
ロマンティックな抑揚ではなく、
常に冷徹な目が隠れているようなイメージで演奏しました。


この曲を録音依頼するとしたら値段は?

演奏時間4:03
ヴァイオリン1track9000円
アドリブなし0円
演奏難易度21000円
MIDI→楽譜化なし0円
合計10000円+税

となります。

ちなみに3種類のマルチマイクで納品しておりますので
全部ですと13000円+税となります。

もちろん、1マイクでも大丈夫です。
この作品はとても奥行き感もあります。
マルチマイクで録音した奥行きや立体感は重宝すると思います。
(その分、ミックスも大変な気がしますが・・・)


作曲者について

この作品は共作になります。


cosさんが書いてくれた記事を紹介します。

いっさくこんぴを例に合作の進め方を紹介する

合作について書かれています。
僕ももっとガッツリと書けるようになったら
こういう活動したくなるなー!!

っていう記事でした。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

  画像の説明

Total:172 Today:2 Yesterday:0 Now:1

コメント


認証コード8628

コメントは管理者の承認後に表示されます。