【風とともに/いっさくこんぴ-17】kyocmp

画像の説明

【いっさくこんぴ】

コンピレーションアルバムに収録される全曲について、ぶっちゃけた感想やプロヴァイオリニストからみた作品の見解、技術、料金などを記します。今回の録音はすべて無料で行っておりますので、料金はいっさいいただいてません。この記録が読む方にとって有益な情報になることを願っております。紹介する音源はDEMOです。フルバージョンは10/28から発売されるアルバムをご購入の上お楽しみください。


Title
風とともに
Composer
kyocmp
Violin
松本一策

作品についての感想

アコーディオン系の音が風のように舞っているのが堪らないです。
この曲のメインのように感じます。
ヴァイオリンが人物的な主人公でその周りの風景が見えてきます。


作曲家として感心したこと

僕と同様、ご自身もコンピレーションを企画しています。
(僕も参加しているので後に紹介します。)
さらにはプロ作曲活動もしている中での曲の提出。
すごく忙しい中でもさすがのクオリティだと、感心してしまいました・・・


楽譜について

画像の説明

画像の説明

きれいな楽譜をいただきました。
とてもテンポの早い曲です。

赤枠の部分について。

ちょっと印をつけさせていただいたのですが、
とても速いので普通の音符より
装飾音符にしていただいたほうが弾きやすい気がしました。

実際に僕はそういう感じで演奏しています。

画像の説明

一番最後の部分は[O]は勝手にオクターブ重音にしました。
そのほうが力強く弾けるかなと思い。
最後の最後の音は軽くスライドで下げています。


アドリブについて

で囲った部分ですね。
これも楽譜は作らずその場で弾いたものです。

何かを参考にしたわけではないのですが、あとで聞くと僕が青春時代に見たアニメ「ロスト・ユニバース」のオープニングテーマのサビの一番最後と似てます(爆)

1998年のアニメですね(僕は18歳)


演奏上むずかしい箇所は?

上の装飾音符を提案した部分ですね。
これは楽曲のメロディの流れと記譜と
演奏テクニックとイメージのマッチングで多少の引っ掛かりが出来てしまった、
というだけです。

他にも重音でリズムを刻むパッセージなどありますが
奏法上何も問題ないですし、多少引き込むとすごく楽しいです。

テンポが速いので、ある程度テクニック的にも聞こえると思います。
ヴァイオリンの楽譜として参考になる楽譜かと思います。


この曲を録音依頼するとしたら値段は?

演奏時間3:28
ヴァイオリン1track7000円
アドリブあり4000円
演奏難易度32000円
MIDI→楽譜化なし0円
合計13000円+税

となります。
実はViolin II という楽譜もあったのですが、
ほとんどトラック分けする必要のない内容でしたので
1track分に収めさせていただきました。


作曲者について


kyocmdさん主催[壮大な曲コンピ]
ONNUEHO 6th Edition



参加人数65名という、人数も壮大なコンピレーション企画です。
CDには入り切らないのでDVDに収録してあります。

この【いっさくこんぴ】に参加してくださった
32名のクリエイターの中にも参加者が多くいらっしゃいます。

僕は「3-1:2018年の夏もいろいろあったなあ」という曲で参加してます。
ヴァイオリンとオケの短い曲です。

■頒布情報
M3-2018秋(10/28)
第一展示場 R-13b [Symphonic City]にて頒布

■価格
DVD 1枚 全65曲入り ¥2000(予定)
通販¥2500(予定)

■特設サイト
https://conarrcmpkyo.wixsite.com/emc-6

ぜひぜひこちらもよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

  画像の説明

Total:221 Today:2 Yesterday:0 Now:5

コメント


認証コード2601

コメントは管理者の承認後に表示されます。