【カフェで優雅なひとときを〜舞台裏を添えて〜/いっさくこんぴ-28】mikaRing

画像の説明

【いっさくこんぴ】

コンピレーションアルバムに収録される全曲について、ぶっちゃけた感想やプロヴァイオリニストからみた作品の見解、技術、料金などを記します。今回の録音はすべて無料で行っておりますので、料金はいっさいいただいてません。この記録が読む方にとって有益な情報になることを願っております。紹介する音源はDEMOです。フルバージョンは10/28から発売されるアルバムをご購入の上お楽しみください。


Title
カフェで優雅なひとときを〜舞台裏を添えて〜
Composer
mikaRing
Violin
松本一策

作品について

聴いた時、こういうカフェ系欲しかったのよ~
って思いました【正直】
ありがとうございます!!


作曲家として感心したこと

他の作曲家もそうだと思うのですが、凄く僕のイメージを膨らませて書いてくださってるんですよね・・・

CDが完成し、この文章を執筆している時点では誰とも直接お会いしたこと無いのに・・・

もちろん僕のヴァイオリン演奏や録音をネット上で見ていただいているとは思うのですが、その気持がなんだか嬉しくてやみません・・・


楽譜について

画像の説明

クラシックで言えば「モンティのチャルダシュ」のような、ゆっくりの部分と速い箇所の2部構成です。

楽譜もしっかり作ってあり、問題ありません。
ただスイングはアクセントの箇所とか気にしていてズンドコズンドコにならないようにしてました。僕はジャズの人たちと演奏をするたびに思うのですが、僕を含めてクラシック奏者はスイング(というかスイングの本質について)得意とは言えないのです。

mikaRingさんより

ルバートのところ、お好きなテンポで弾いてもらって大丈夫です。実際に演奏することを想定して、伴奏を拍頭だけの白玉にしていました。イメージもだいたい伝わっていて嬉しいです◎カフェの風景にインスピレーションを受けて、お客さんが感じる優雅さとキッチンの忙しさを混合させてみました笑
(ルバート:テンポに関係なく自由に演奏する箇所)

アレンジはまだ完成度50%ほどです、録音データを頂いてから更にひねります。
●デモ音源のバイオリンの音が左寄りになっているかもしれませんが気にしないで下さい、実際の楽曲ではバイオリンはどセンターに置きます。
●楽譜、swingとstraightの表記にしました、いっさくさんのスイング感で弾いてもらいたいです
●強弱記号は敢えて書きませんでした、いっさくさんの感情の赴くままに弾いてもらいたいです
録音、楽しみにしています♪

mikaRing


アドリブについて

特にありません。
アドリブとは言えませんが、テンポ・ルバートのところは別に録音しています。録音してあとで作曲者にうまく辻褄が合うようにバッキングを調整していただいております。


演奏上むずかしい箇所は?

アップビートの最後のあたりが少し難しいですが問題ありません。プロのバイオリニストでしたら出来て当たり前です。


この曲を録音依頼するとしたら値段は?

演奏時間2:53
ヴァイオリン1track7000円
アドリブなし0円
演奏難易度22000円
MIDI→楽譜化なし0円
合計9000円+税

となります。


作曲者について




M3では彼女のブースもあります!
2018秋 R-07b
ジャケットからしてすごく良いぃ~^^

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

  画像の説明

Total:137 Today:1 Yesterday:0 Now:5

コメント


認証コード0216

コメントは管理者の承認後に表示されます。