【Afterglow/いっさくこんぴ-04】遠野朝海

画像の説明

【いっさくこんぴ】

コンピレーションアルバムに収録される全曲について、ぶっちゃけた感想やプロヴァイオリニストからみた作品の見解、技術、料金などを記します。今回の録音はすべて無料で行っておりますので、料金はいただいておりません。この記録が読む方にとって有益な情報になることを願っております。紹介する音源はDEMOです。フルバージョンは10/28から発売されるアルバムをご購入の上お楽しみください。

Title
Afterglow
Composer&Vocal
遠野朝海
Violin&Viola
松本一策

作品についての感想

Afterglowとは夕焼け、夕映え、(成功後の)楽しい快感、なごり

御本人に何度もお伝えしてるんですが、「癒やされ」ます。
DEMOでは聴けませんが、曲の最後に短い民族調のインストが挿入されてるところも憎いです。
僕がアイリッシュなどを好むところも考慮してくれているのかもしれません。

ありがたや。

作曲家として感心したこと

御本人が歌とご自身のピアノで作品をたくさん作っていることもあって、ピアノとメロディラインがとても自然でした。やはりピアノが弾けるっていいですよね。


楽譜について

画像の説明

音源作成ソフトの簡易譜面出力で作られたそうです。
クオンタイズの処理能力の関係で赤い部分はうまく連符でばらしてくれなかった感じですね。

これでも演奏できなくなはいのですが、MIDIファイルもいただいたので自分で確認しつつ作りました。
→MIDIファイルを使ってパート譜を作る

画像の説明


アドリブについて

録音に対してメモをいただきました。
画像の説明

中盤、後半は楽譜を少し変えて演奏しています。
ストリングスのラインが余りアップダウンしないのですこし高音域を使って変化させることを意識しました。

ボーカルの声域とかぶりも避けられるので聞こえ方も変化して面白い、というのが僕の見解です。

ほとんどメモ楽譜が残っていないので申し訳ないです。


演奏上むずかしい箇所は?

とくにありませんでした。
歌に合わせて優しい音色になるように心がけたくらいです。
過度に気持ちを込めすぎず、必要なときだけビブラートを少し多めにしたりする感じですね。

楽譜には強弱は書いていませんが、歌を聞いてると自ずと反応します。
録音が楽しかったです。


この曲を録音依頼するとしたら値段は?

演奏時間3:00
ヴァイオリン1track7000円
ヴィオラ1track7000円
アドリブなし0円
演奏難易度10円
MIDI→楽譜化なし0円
合計14000円+税

となります。

アドリブを希望する場合はこれに少し上乗せさせていただきます。18000円+税・・・くらいになります。

ちなみに3種類のマルチマイクで納品しておりますので全部ですと18000円+税となります。アドリブが入る場合は22000円+税となります。

もちろん、1マイクでも大丈夫です。
この作品は楽器や声の音がすごく大事ですのでマルチマイクで録音した奥行きや立体感は重宝すると思います。

MIDI→楽譜はこちらが勝手に作ったので特に料金はいただきません。

意外に料金が高くなってしまうため、共作や複数曲での依頼だと安くしやすいですね。


作曲者について

画像の説明

遠野朝海

Twitter
@tonoasami
SoundCloud
https://soundcloud.com/honparinton

M3秋ではご自身も出店するそうです(@M3 R-08b)

いろんな作風があって面白いです!

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

  画像の説明

Total:335 Today:1 Yesterday:0 Now:1

コメント


認証コード3931

コメントは管理者の承認後に表示されます。